にょこにょこ

嘘を書いた雑巾を配るページ

ネッシー逆上

 いい加減カメラ向けられるのにうんざりしたネッシーが水面下に潜む実はものっ凄い巨大だった胴体を全部浮上させて街に襲来した。ほんともうやめて欲しい。彼が大声を出すとワギャナイザーで敵倒した時みたいに高層ビルもスッポーと飛んでいった。もちろんビルに居た人は死んでしまったし飛びに飛んでアメリカで落ちてそこに居た人も死んだから被害は甚大だ。
 ネッシーは日本にもやってきた。何でもカメラ小僧といえば日本であるから、ネッシーが日本を襲うのは当たり前らしかった。アメリカからは「ゴジラを何とかしろ!」と苦情が来ていたが日本は現行の九条では対策しかねていた。ちなみにその時ゴジラは子供向けのショーをやっていたがセットもろともプチッと踏まれて終了、中の人も即死だったろう。
 首だけ出ている限り皆ネッシーを面白がって騒ぎ立てていたくせに、いざ全身出てみるとてんで駄目だ。水面下にあった超巨大な胴体を想像出来ていなかった事もそうだが、誰も巨大生物に対しての対策なんて出来ていないので、無力にも踏まれたり飛ばされたりして人間はどんどん死んだ。だいたい対策の仕様も無いのだ。ネッシーは神出鬼没で、たとえその場に居なくてもどっかで飛ばされた何かが飛んで来て結局危ないのだから。
 しかしそんな突然の世界的危機にも俺は少しも動じずに街を闊歩する。ネッシーは俺に攻撃しないし、俺の居る方角には絶対建物を飛ばさないと確信している。ネッシー捏造の張本人として叩かれに叩かれたあの出来事も、全てはヤツの平穏の為。俺はヤツに貸しがある。